ムラテック

生産性向上

#005

手動機で行っていた5つの加工工程を、複合旋盤「MT100」1台に集約!さらに、材料の歩留まりを上げるために「多数個取り」の加工と、トレーサビリティーを実現すべく「刻印工程」を追加!

課題

  1. 手動機を採用しているがゆえに、作業員により出来高がまちまち。
  2. 増産に伴い、少しでも材料費を抑えたい。
  3. より高度な品質管理をしたい。

私たちは、お客様が抱える課題を解決すべく、「複合加工機による生産ラインの自動化」をご提案させていただきました。

処方箋

ご提案内容:『マシニング、バリ取り、刻印工程の取り込み』『1個の素材から4個取り』『CAMによる加工プログラム作成』

1.マシニング、バリ取り、刻印工程の取り込み

複合旋盤であるMT100の回転工具機能を使用して、ワーク端面への穴あけ、バリ取り、更にワーク側面へ刻印を行うことで、
旋盤+マシニングセンタ(穴あけ)+手動ツール(バリ取り)+刻印機と3台の機械が必要な加工を1台に集約することができました。
これにより、作業員のレベルによって生じる出来高の差をなくし、安定した生産の実現を可能にしました。

2.1個の素材から4個取り

薄いワークを1つずつ加工するのではなく、長さを持たせた素材から順番に切り出すことで、1つの素材から複数の完成品を生産できるようになりました。
多数個取りすることにより、材料費の削減に貢献することができました。

3.CAMによる加工プログラム作成

製品形状の複雑化、工程集約による加工内容の複合、複雑化に対し、CAMを使用し、ワーク、機械、工具の情報から、最適な加工プログラムを作成できます。
また、加工シミュレーションにより、事前に機内の干渉確認、サイクルタイムの検証等を実機を使わずに行えます。
これにより、新規ワークに対し、生産中の設備を止めずに、より詳細な検討を行い、新規ワークの立上げ時間を短縮できます。

会社概要

会社名 村田機械株式会社
創業 昭和10年(1935年)7月
本社所在地 〒612-8418 京都市伏見区竹田向代町136
TEL:075-672-8111 / FAX:075-672-8691
代表者 代表取締役社長 村田 大介
事業内容 ロジスティクスシステム・FAシステム・クリーンFA・工作機械・シートメタル加工機・繊維機械・情報機器などの製造販売
資本金 9億円
売上高 【連結】2567億円
【単独】1922億円(2021年3月期)
従業員数 【グループ】7800名
【単独】3600名(2021年4月現在)
工作機械販売部
0568-62-2513 受付/平日 9:00〜18:00
©️ 2021 Murata Machinery, Ltd.