村田機械株式会社

COLUMNS

#016

#016 “誰でも簡単に使える”新型ガントリーローダ 「FLEX EZ LOADER LOPROSS」

 

こんな方におすすめ!

・多品種の生産現場でありながらも自動化を検討したい方
・人手不足にお悩みの方
・段取り替え時間を短縮して稼働率を上げたい方

課題

『多品種生産を求められる時代における自動化ニーズに答えるMuratecからの新アイテムの紹介』

近年、市場の変化に伴い、多種多様な製品を必要に応じた数量だけ生産する「多品種生産」を求める動きが強まっています。
今回のコラムではそういった「多品種生産」の現場によくある下記の3つの課題にお答えしていきます。

1.複数のワークの脱着を手付けでされている為、オペレータが多数必要である。
2.段取り替えに時間がかかってしまう為、設備の稼働率が低い。
3.ワーク切り替え時のいろいろな設定に手間が掛かっている。

このような課題に解決するために新たに開発された新型ガントリーローダ『FLEX EZ LOADER LOPROSS』ご紹介いたします。

 

処方箋

正面2軸型CNC旋盤「MW120Ⅱ」に、新型ガントリーローダ『FLEX EZ LOADER LOPROSS』を搭載することで、多品種を小ロットで生産されている現場の自動化を提案させていただく事が可能になりました。

【1】FLEX EZ LOADER LOPROSS

それではMuratecが開発したこの新ローダーの3つの新しい機能を紹介させて頂きます。

①φ130mmのロングストロークを有したローダーチャック
LOPROSSではローダーチャックのストロークを従来ローダのφ30mmからφ130mmと超ロングストローク化することに成功致しました。
これにより従来であれば多品種のワークを自動化する場合はそれぞれのワークに適したローダー爪に付け替える必要性が在りましたが、LOPROSSではこのロングストロークチャックを採用することで煩わしい爪の交換作業を無くすことが出来ました。

▲「従来型」と「FLEX EZ LOADER LOPROSS」、それぞれの動作比較映像

 

 

②ティーチングレス機能
従来のガントリーローダーでは新しいワークを流動する際には必ず面倒な『ティーチング(教示作業)』が必要でした。
これは作業者がリモコンBOXのダイヤルをクルクル回して、素材供給装置や主軸や反転装置といったガントリーローダがアクセスする数多くのポイントに
実際のガントリーローダを持って行っていって教え込むという面倒な作業でした。
そこでムラテックはこのテイーチング作業をなくす為に『ティーチングレス機能』を開発いたしました。
これによりお客様は面倒なティーチング作業をする代わりに簡単なワーク情報を操作盤に入力するだけで一気にティーチング出来るようなり
大幅な工数削減が可能になりました。
また、更にLOPROSSでは新規開発した『教示位置自動補正機能』を備えており、上記の『ティーチングレス機能』だけでは教示仕切れない微妙な位置ズレを検知して
自動で修正してくれるという画期的な新技術も盛り込まれております。

 

③ローダプログラム作成支援システム
これまでローダープログラムの作成や変更は弊社の専門の設計者によるプログラミングが必要でした。
それに対してこのLOPROSSでは下絵の様なピック&ドロップ作業で簡単にプログラミングすることが可能になりましたので
お客様自身が新しいプログラムを作成したり、異なるローダーパターンに改造する事が出来るようになりました。

【2】自立式表裏反転装置

多品種生産の現場では段取り替えも頻繁に発生します。
そこでMuratecは、「反転チャックの爪交換をもっと容易にできないか?」「交換頻度を少なくできないか?」に着目して自立式の表裏反転装置を開発致しました。
従来の本機上部のローダーレールに取り付けるのではなく、本機側面の低い位置に自立式設置することで作業性を大幅によくするのと同時に、反転機チャックのストロークも従来のφ30からφ70にロングストローク化する事で、反転爪の共用範囲を大きくし爪の段取り回数を削減出来るようになりました。

 

この様にMuratecは量産加工の自動化とは異なる多品種加工の自動化に求めれれる課題解決に独自の技術で挑んでいます。
そしてこれからもこうしたお客様の自動化に対する課題や悩みに真摯に取り組んで行きたいと考えております。

 

※本コラムでは、MW120Ⅱを用いた省段取りに役立つ搬送装置の搭載例をご紹介しましたが、今後は全機種に展開する予定です。
ご質問 ・ ご相談等ございましたら、ぜひお問い合わせください。

 

 

会社概要

会社名 村田機械株式会社
創業 昭和10年(1935年)7月
本社所在地 〒612-8418 京都市伏見区竹田向代町136
TEL:075-672-8111 / FAX:075-672-8691
代表者 代表取締役社長 村田 大介
事業内容 ロジスティクスシステム・FAシステム・クリーンFA・工作機械・シートメタル加工機・繊維機械・情報機器などの製造販売
資本金 9億円
売上高 【連結】3918億円
【単独】3043億円(2022年3月期)
従業員数 【グループ】8100名
【単独】3700名(2022年4月現在)
工作機械販売部
0568-62-2513 受付/平日 9:00〜18:00
©️ 2021 Murata Machinery, Ltd.